本窪田 なつき
セッション形態:オンライン(電話等)
居住地:東京都

心の深いところをだいじにする時間を

こんにちは。本窪田なつきです。

東京に暮らしていて、音楽の仕事をしていますが
10年ほど前から
コーチングやセラピーを学ぶようになり
セッションを提供しています。

メンタルファウンデーション・コーチングは
とても優しいアプローチだなと思いながら
勉強を続けています。
 

■ 優しいアプローチ

心の土台(メンタルファウンデーション)をつくるというのは
心の筋肉をつける
というようなことだなと感じていますが

だれにも、がんばりどき、しんどいとき
というのはあって

そういうときに
なにかを受け入れてみたり、抱えてみたり、
工夫してみる、がんばってみる
(心の筋トレをする)
というのは
それが自分にとっていい方向に向かうものであっても
しんどいことに変わりはなく
めげてしまいそうになったり
わからなくなることが
たくさんあると思います。

わたしも
しんどいなぁ、だれかに一言しんどいねと言って
見守っていてもらえたら、、
と思いながら
がんばっている時期がありました。

メンタルファウンデーション・コーチングでは
そういうときに
どこまでもその人の今の場所に立って
一緒にその風景を眺めながら
その人の今に合わせた技法で
心の力をつけていくことを応援していきます。

でも、課題を押しつけたり
あえて深堀りしようとすることはない、
そういうところが優しいなと思います。
 

■ 明るい気持ちに

そのメンタルファウンデーション・コーチングを
わたしも受けて
よかったことはいろいろあるけれど
いちばん大きかったなと思うのは

セッションを受けると
なんだか明るい気持ちになって元気が出た、
ほのぼのとしたエネルギーが湧いてきたように感じた、
ということでした。

問題が全部なくなったとか、
わたしのだめなところが一気に人並みになったり
得意と言えるようになったわけではないのに
なんだか心が軽くなったな、、
と思うことが多かったです。

それは
声に出す言葉というエネルギーを介するセッションで
カウンセラー(コーチ)さんとのエネルギーの交換が起こって、
でもあるだろうし

カウンセラーさんが、わたしの今の状況に立って
それを受け入れてくれたから
でもあるだろうし

そのおかげでわたしが
自分の深いところでの本音、声のようなものを
探ることができて
なんだか自分と手をつないだような感覚になったから
でもあると思います。

人並みかどうかなんてことよりも
自分のなかで、ごくごく小さいものであっても
1歩が踏み出せたとか、踏み出そうとしている
ということが
自分の深いところでは、とても大きなことだから
でもあるのかもしれない。

例えばわたしは
自分の課題として
もっとすこやかに怒ることができるようになりたい
というのがあって
メンタルファウンデーション・コーチングでも
それに取り組みましたが
多くの人と比べたら
今もすこやかに怒るのは苦手で、弱いと思います。

でも
人さまから見たらきっと取るに足らないような
ほんの小さな1歩が
自分にはとても嬉しく
力が湧いてくるのを感じることもあったし

うまくできない事情であるとか
そこにある自分の怖れとか、、に気づくだけでも
なんだか落ち着いて
楽になったように感じることがありました。
 

■ 心の深いところを

心の深いところをだいじにできる
セッションの時間を
貴重に思います。

自分の内面を探っていったり
受け入れていくのは
かんたんに、またはながながとはできなくても
カウンセラーがそこに
一緒にとどまってくれると可能になる。

わたしも、カウンセラーとして
クライアントさんの内面にどのくらい
踏みとどまることができるか、、

それをだいじにしながら
ご縁をいただいた方と
1回1回の時間を大切に
セッションをご一緒していきたいと思っています。 
 

■ セッションのご案内

現在、若干名のクライアントさんを募っています。

方法: zoomなどのオンライン(音声のみ、または映像あり)
時間: 1回 50分
料金: 1回 8,800円(税込)

セッションのペースや期間は、ご相談して決めていきます。

ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら
いちどオリエンテーション(30分程度・無料)をお試しください。

オリエンテーションでは
セッションについてかんたんにご説明したり
セッションにあたってのご質問やご相談をお受けします。

お問い合わせのボタンから
ご連絡いただけたらと思います。

オリエンテーションでお話ししてみて
それから3日以内にお申し込みをいただいた場合には
セッション開始を承ります。

そのほか、ご不明なことがありましたら
いつでもお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。