代表理事挨拶と協会概要

代表理事挨拶

こんにちは。日本メンタルファウンデーション・コーチ協会、代表理事の野口嘉則です。

私は20代から30代にかけて、自己実現を目指して、能力開発や目標達成法、成功法則などをテーマにしたさまざまなセミナーを受講しました。自己啓発分野の本も片っぱしから読んで実践しました。しかし私は、自分の望むような人生を実現することができませんでした。いろいろ実践したものの、私は自分に自信を持つことができず、自分の感情パターンや行動パターンを変えることができませんでした。妻との関係もぎこちなく、不安定なもので、同じパターンの喧嘩を繰り返しました。

その後、私は心理学者のユング博士の著作を読んで、自己実現をするためには、まず自分の心の土台づくりをすることが不可欠であることを知りました。ユング博士は、人間の人生を前半と後半に分け、人生前半の課題は「自我の確立」であり、人生後半の課題は「自己実現」であると述べています。人生後半において自己実現をするためには、その前提条件として、まず自我を確立する必要がある、つまり自分の心の土台づくりをする必要があるのです。

そのことを理解してからの私は、心の土台づくりに取り組むようになりました。そして、その結果、それまでの人生で繰り返してきた感情パターンや行動パターンが変わり始めたのです。最初は小さな変化だったのですが、やがてそれが積み重なって、ついには大きな変化になりました。私は自分に自信を持てるようになり、また、妻との関係もとても幸せでクリエイティブなものになりました。

その後1999年に、私は心理カウンセラーとして開業しました。さらに2003年には、プロコーチとしての活動も始め、心理カウンセリングとコーチングの2つのアプローチを使って、クライアントさんをサポートするようになりました。やがて妻も、心理カウンセリングとコーチングのトレーニングを積んで、これを仕事にするようになり、私たちはたくさんのクライアントさんの問題解決や目標達成をサポートする経験を重ねました。

そして、その経験を通して私たちは、心の土台づくりの重要性に、さらなる確信を持つようになりました。クライアントさんが問題を解決したり、目標を達成したりされる過程で、心の土台づくりを進めていくことが極めて有効であることを、多くのケースで体験したのです。そして私たちは、クライアントさんの心の土台づくりに有効なやり方をさらに研究し、体系化していきました。

以上のような経緯を経て、私と妻は、人の心の土台づくりを効果的にサポートできるプロフェッショナルを養成したいと思うようになり、日本メンタルファウンデーション・コーチ協会を設立した次第です。人の心の土台づくりを支援する専門家であるメンタルファウンデーション・コーチがたくさん誕生し、その活動によって、幸せな人生を実現する人が増えていくことを願って、この協会の運営に尽力してまいります。ご関心のある方のご参加を心よりお待ちしております。

一般社団法人 日本メンタル
ファウンデーション・コーチ協会
代表理事 野口嘉則

代表理事プロフィール

高校時代は対人恐怖症に悩むが、大学入学後、心理学や東洋哲学、人生の法則の研究と実践によって克服。(株)リクルートへの入社を経て、メンタルマネジメントの講師として独立。
その後、家族療法・夫婦療法、認知行動療法、来談者中心療法などの各種心理療法を学び、1999年に心理カウンセラーとしての活動を始める。さらに、ユング心理学、トランスパーソナル心理学、ハインツ・コフートの自己心理学も取り入れて、クライアントの問題解決だけでなく、 自己受容・自己確立・自己実現をサポートするセッションを提供する。 2003年には(有)コーチング・マネジメントを設立し、プロコーチとしての活動も始める。2009年に人間力を高めるためのオンライン講座「人間学実践塾」をスタートし、その後毎年開講してきたが、それを進化させた形で、2016年の秋に「オンライン自己実現塾」を開講するに至る。
著書は、ミリオンセラーになった『鏡の法則』(総合法令出版)の他、『「これでいい」と心から思える生き方』『3つの真実(文庫版)』『心眼力』『人生は引き算で輝く』『僕を支えた母の言葉』(サンマーク出版)、『幸せ成功力を日増しに高めるEQノート』(日本実業出版)などがある。

協会概要

名称 一般社団法人 日本メンタルファウンデーション・コーチ協会
創立 2017年8月
代表理事 野口嘉則
所在地 東京都新宿区四谷三栄町2-14-2F (株)野口嘉則事務所内
登録商標 メンタルファウンデーション・コーチは、一般社団法人日本メンタル
ファウンデーション・コーチ協会の登録商標です。