石岡 みお
セッション形態:オンライン(電話等)
居住地:愛知県

【嫌われる不安】から解放され、自分軸で生きたい方へ

==================================

・人の目や、周りの顔色ばかり気にしてしまう方
・不安感、劣等感が強い方
・自分のことが好きになれない方
・本当はもっと自分らしく生きたい方

自己受容を深め、本当の自分としっかり繋がって生きる、心づくりをサポートします。

==================================

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
石岡みおと申します。
愛知県の名古屋市に、夫と娘と3人で住んでいます。

余談ですが、流行に乗り遅れる傾向があり、
最近になって「タピオカ」にハマっています^^;

私は20代の頃、総合病院で看護師として働き、現在は、コーチ、カウンセラーとして仕事をしています。

プロコーチとしてのキャリアは、今年で12年になるのですが、
その人らしさの根幹となる「感情、心」をクライアントさんと共に見つめていく、メンタルファンデーションコーチング(以下MFコーチング)のプロセスに強く惹かれ、現在は認定プロフェッショナルコーチとしても、活動させていただいています。
 

私は子供のころから「嫌われる不安」が強く
「人の目」をとても気にする性格でした。

劣等感が強く、
これをすると、親や先生、友達や彼氏、
上司や同僚にどう思われるか、

褒められるか、叱られるか、
受け入れられるか、見捨てられるか、
称賛されるか、バカにされるか、

そんなことばかり、気にしていました。

私の中心軸は「自分の想い」ではなく「人の目」で、

人に嫌われない、
人に許される
人に求められる、
人に愛される、
人から評価される

そういう生き方をずっと探してきました。
 

20代の頃は、漠然とキラキラした人生に憧れ、それを手に入れたくて、寝る間も惜しんで、がむしゃらに、仕事をしたこともあります。

でも、出世し肩書を得て生活が変わっても、ずっと前からあった「不安」からは逃れられませんでした。

根本的に自分に自信が持てず、地に足がついていない感覚なのです。

一度、人から認められると、今度は、その肩書が無くなってしまうことを恐れました。

今振り返ると、私の人生の主体が「自分自身」ではなく「他者の目」だったからのように思います。
 

そんな私は、30代前半の頃、カウンセリング(現MFコーチング)と出会いました。

最初は、野口嘉則さんから7か月間のセッションを受け、
その後、奥さまの綾さんから、MFコーチングを受けるようになりました。

綾さんとのご縁は、今でも続いており、今年で、クライアント歴6年目になります。

それまでの私には、カウンセリングは心の病気を抱えている人が受けるもの、というイメージがあり、どこか自分が受けることに抵抗を感じていました。

でも、実際に受けてみるとそのイメージは、がらりと変わりました。

セッションを受け始めた当時、私は、結婚、出産など、人生の大きな節目となる時期を過ごしていました。

仕事と育児を両立する中で、すぐには答えが出せないような「葛藤」も沢山味わいました。

そんな中、カウンセリングを通じ、私は、自分の根幹となる感情や、心の奥底の本当の想いを、カウンセラーの綾さんと一緒に1つずつ丁寧に見つめていきました。

カウンセリングを通じて、私は初めて「条件付きの承認」から一切解放され、等身大の、ありのままの自分を無条件に受け止め続けられる体験をしました。

自分一人で抱えるにはあまりに苦しい感情に出会った時、綾さんは、その苦しさや痛みに一緒にとどまり、アドバイスするのではなく、私の気持ちをどこまでも解ろうと丁寧に耳を傾け、寄り添ってくださいました。
 

そんなクライアント体験を通して、私はずっと忘れていた「自分自身」という大地に、少しずつ根を下ろして行く感覚を味わいました。

「これが自分なんだ。これで良いんだ」

という確かさ、安心感を、心の中に見出したことで、自分の中にある力を、少しずつ信頼できるようになっていったように思います。

「自分が感じる、さまざまな感情、そこにある「弱さ」も含め、それは、私のかけがえのない「宝物」だったんだ」

等身大の自分そのものに、もう十分価値はあった、ということを、心から実感していきました。

他者にゆだねてしまっていた軸を取り戻し、自分主体の人生が動き出した。
そんな体感を初めて感じたことを、今でもしっかり覚えています。

それと同時に、長年悩んできた「不安」は、少しずつ緩んでいきました。

「人からどう見られるか」より「自分の本当の想い」を大切に生きられるようになっていったのです。

クライアントとして約6年間、MFコーチングを受け、私は、自分の心の「在り方」の変化を実感しています。
 

そして今、私はカウンセラーとして、MFコーチとして仕事をしています。

クライアントさんの人生が、もう一度動き出し、よりその人らしく輝きだす瞬間があります。

「自分だけに生きられる人生がある」という事にクライアントさんが気づく瞬間に、私もカウンセラーとして、MFコーチとして、立ち会いたい。

そんな想いでこの仕事をしています。
 

今の私には、目標が3つあります。

1つめは、一生、カウンセラーとして現役でいること

2つめは、いつも等身大の自分で、等身大の相手と共にいること

そして3つめは、何歳になっても「自分づくり」に取組み、
人生の最後で提供する、自分のカウンセリングセッションが最良のものになるような、そんな生き方をすること

です。

より良いセッションを提供できるよう、現在も引き続き、毎月スキルアップトレーニングに参加して、スキルアップを図っております。

あなたの大切なお気持ちを、ぜひ丁寧に聞かせてください。

お悩みに寄り添いながら、答えを、一緒に見つけていきたいと思っています。
 
 

<クライアントさんの声>

これまで私のセッションを受けてくださったクライアントさんのご感想を、一部ご紹介します。

※ご自身の内面をお話しいただくMFコーチングの性質上、実名やご職業などの掲載は控えさせていただきます。
 

H.Iさま

私は、元々は自分にカウンセリングが必要だとは全く思っていませんでした。

「カウンセリングを受ける人」=「心の病気の人」みたいに思っていたんです。

「私は健康だから大丈夫よ」「自分には悩みなんてない」と思っていました。

でも、MFC養成講座を受講したことがきっかけで、実際にセッションを受けてみて、そのイメージが、がらりと変わりました。

今は、「生きる上の根幹となる心」について、セッションを受け、見つめる時間は、必要不可欠だと感じています。

自分では気づいていなかったけど、先生とお話をしてみると、これまで自分の中に押し込めていた感情がたくさんあることに気づきました。

「自分が思っているほど、心の健康度って高くなかったんだな」と思ったのと同時に、こんなにも「心のメンテナンス」をすることって素晴らしいんだ、と実感しました。

以前は怒りなどの感情に巻き込まれることが多かったのですが、セッションを受けるようになって、穏やかな心でいられることが多くなりました。

自分に対して「これでいい」と思えるような、「自己肯定感」を感じられる時間も増えたように思います。

自分を責め、反省的にとらえていた出来事について、セッションでお話したことがあったんですが、私の話を聴いて先生は「これは私の考えですが、お話を伺ってIさんの正義感を感じました。それはとても尊いものだな、と私は感じます」とおっしゃったんです。

その言葉を聞いて、電話のこちら側でホロっときちゃいました。

石岡先生は、ソフトなお人柄でお言葉の発し方もとても柔らかいのですが、お話される「言葉」には、
しっかりと心に届く「的確さ」があるなぁと思います。

毎回50分間のセッションを終えて、先生の言葉が自分にじわじわとしみ込んできたり、心がホッとしたりします。

「イヤだなぁ、この自分」と思っている部分もひっくるめて、自分を受容してもらう、そういった体験から「あぁ、これも自分なんだ。そんな自分でもいいんだ」と少しずつ思えるようになり、それが、日ごろの安定感につながり、だんだん穏やかな心を創れるようになってきているんだな、と感じます。

それから「カウンセリング」という、しっかりと守られた枠組みの中で話が出来ている、ということも良いことだと思います。

自分の内面的なことをお友だちや身内に話すこともあるのですが、やっぱり、人間関係を考えると、全部を安心して話す、という事はなかなか難しいですよね。

それに、自分の話ばかりしてしまうとどこか「悪いな」という風にも思います。

守秘義務で守られた、安全で安心な場所で、実際にセッションを受けてみて、改めて、「あぁ、この場ではこんなにも自分中心に、何でも話をしても良いんだ」と思えました。
 

H.Hさま

MFコーチングを受けたことでの一番の収穫は「自分が感じていること」に気づけるようになったことです。

コーチングを受ける前は、仕事など、とにかく目の前のことで忙しい生活を送っており、自分の事を考える余裕がなかったのですが、実際にセッションを受け、自分が感じていることを少しずつ「言葉」にしていったことで、「あ、私、実はこんなことを感じていたんだ」と気づいていくことができました。

自分の気持ちを話すという事は、想像以上に心が楽になることなんだと実感しました。

頭の中にモヤモヤっとあった漠然とした思いを、きちんと「自分の言葉」にしていったことで、自分と繋がれたような感覚が育っていきました。

セッションがきっかけになり、今は一人でも「自分を見つめる時間」をとるように心がけています。

そうやって、自分の中を見ていくと、時には「見たくない自分」と直面することもあります。

でもそこも含めて、等身大の自分を受容していくことで、少しずつ前に進めていると実感しています。
 

T.Kさま

私は、思ったことが人に言えないという悩みがありました。

特に仕事では、人と話をする時はいつも緊張してしまって、言いたいことがあっても、ほとんど言えずに終ることがよくありました。

プライベートで、お友だちとランチに行っても、みんなの話に合わせることに自分が疲れて、リラックスできないので、家に帰ってくると、ぐったりと疲れているような感じでした。

ノーを言ったり、断ったりすることもとても苦手でした。

石岡さんのMFコーチングを受けて一番変わったのは、最初コミュニケーションの時自分が感じる緊張は「10」でしたが、それが「6」くらいに減ったことです。

セッションの中で、石岡さんが私の緊張に「緊張さん」と名前を付けられたことがあって、2人でその緊張さんを見てみたことがありました。

「緊張さん」が現れる時、心の中では一緒に焦りや不安や恐怖も湧いていた、という事が解ったのですが、セッションのたびに、「緊張さん」の事を話していくと、もしかしたら、緊張さんはこれまで私の心が傷つかないように1人で戦ってくれて来たのかもしれない。と思えたことがありました。

それに気づいた時、心がフッと楽になるような感じがありました。

言いたいことが言えない自分や、人前で緊張してしまう自分の事が嫌いで、緊張=悪者という感じに思っていたけど、大切な私の一部でもあるかも、と思えた感じがします。

今は、少しずつですが、人に対して「NO」を言うことも出来はじめています。

無理に話を合わせようとせずに、自分が思ったことを勇気を出していってみると、怖いけど、自分を大事にできたと感じて嬉しくも思います。

不安になった時は「次のセッションですぐ石岡さんに話そう!」と思います(笑)

まだまだ、小心者ですが、これからもセッションを通して、少しずつ力強い女性になっていけたらと思っています。
 

Y.Eさま

私は約7年間、様々なセミナーやワークショップ、また野口嘉則さんの講座などで心理学を学んできました。

学びながら自分なりに、自己受容を深めていたのですが、まだ時おり、気持ちが出来事に左右されることがあるな、と感じていました。

そんな中、石岡さんとご縁があり「無料オリエンテーション」を受けました。

初めてお話をした時から、石岡さんの温かさと、1つ1つの話を、とても丁寧に聴いてくださる、誠実さ、真摯さを感じました。

現在は毎月2回、セッションを受けています。

セッションの50分間は「私の心のためだけの時間」です。

月に2回、必ず自分の心と向き合う時間をとるようになったことで、日常でも心に余裕ができ、以前よりネガティブな感情に左右されにくくなったと思います。

セッションが「生活の一部」として、リズムになったことも、私にとってはとても良かったです。

ネガティブな気持ちを感じた時は、その事に気づいて「あ、このことを次回のセッションで話してみよう」と思うんです。

そうすると、そのことを少し客観的に、余裕をもって見られるようになります。

湧いてくるネガティブな感情と距離をとりつつ、でもその感情を落ち着いて、自分の中で感じる事が、より余裕を持ってできるようになりました。

それから、私は石岡さんとの「やり取り」に、とても癒されているように思います。

これまで、スルーしてきたような気持も、きちんとつかまえて、丁寧に聴いていただき、受け止めて、そこに温かい言葉をかけていただくことで、その瞬間に、これまで感じられなかったいろいろなことを感じて、それがとてもよい体験になっています。

悩みや、心の深い部分を、他の人に話してみる、ということに、最初は抵抗があるかもしれないけど、少し勇気を出して、無料オリエンテーションだけでも受けてみると、あなたにとって、より良い、新しい世界が広がるかもしれません。

プロの方に自分の想い聴いてもらい、丸ごと受けとめてもらう、という体験をすることで、きっと「自分の心が優しくなっていく」ことを体感されると思います。

自分に優しくなれると他の人にも優しくなれますもんね。

私は、今では「すべての大人に、セッションを受ける時間は必要だな」とすら思うようになりました。

きっと石岡さんの温かさを感じて安心してお話が出来ると思いますよ。

お声の掲載を承諾してくださったみなさま、ありがとうございます。
 
 

<セッションについて>

セッションは電話専門でさせていただいていますので、どの地域からのお問合せも歓迎します。
(スカイプ、ZOOMでのセッションもお受けしています)

1回のセッションは50分間で
料金は13,000円(税別)です。

その方のテーマや、ニーズに応じて、カウンセリング的なサポートも、コーチング的なサポートも、どちらもさせていただくことができます。

無料オリエンテーションは、週に2名まで承ります。

無料オリエンテーションは、20~30分の電話セッションです。

現在のお悩みや、解決したいこと、
MFコーチングを受ける目的を伺ったり、
セッションの進め方やルールのご説明をさせていただいたり、
ご質問があればお答えしたりします。

このオリエンテーションを終えた後で、気が進まない場合は、次回以降のお申込はされず、それで終了にしていただいても、もちろん大丈夫です。
(有料セッションを受けられるかの判断は、オリエンテーションから1週間以内にお返事いただくようお願いします)
 

なお、現在、「メンタルファウンデーションコーチ養成講座」を受講なさっている方には、
「受講生さん応援価格」でセッションを提供させていただきます。

「MFコーチ」は、とてもやりがいを感じられる、素晴らしい仕事だと、私自身実感しています。

私と同じように、この仕事に惹かれるものを感じ、目指される方へ、ささやかですが、私からも何か応援をさせて頂きたいと思い、この度、特別価格を設定させていただきました。

<MFC養成講座 受講生さん応援価格>
1回50分 11,000円(税別)

※特別価格でのご案内は定員を設けさせていただきます。
人数が定員に達し次第、特別価格でのご提供は終了させていただきますのでご了承ください。

また、おひとりおひとりのクライアントさんと丁寧に携わらせていただきたいので、現在、新たにお受けできるクライアントさんは、5名までとさせて頂きます。

※MFC受講生さんは、無料オリエンテーションお申込の際に、現在受講されているコース名をお伝えください。
 

ご興味をお持ちになられましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

※以下の「お問合せボタン」をクリックしていただくか、
下記のアドレスまでお問い合わせください。
ishioka@mentalfoundation.jp
 

自己紹介と、私がMFコーチングを通じて「嫌われる不安」から解放されるに至った2つのポイントを動画にしました。

よろしければぜひご覧ください^^