いちはし ゆきまさ
セッション形態:電話
居住地:千葉県

醜いアヒルの子の僕に、素のままの価値を気づかせたひと言

ご覧頂きましてありがとうございます。
いちはし ゆきまさ と申します。
よろしくお願いします。

「繋驢桔」
(けろけつ)と読みます。
むずかしい言葉ですが、縄で杭に繋がれたロバが自由になろうと縄をふりほどこうとして、かえって身動きが取れなくなってしまうことで、
悩みから自由になりたいともがく人の譬えです。

僕も今思うとこんな心境でいたようです。

僕は周囲に振り回されてはオロオロしたり、
人と比較して、劣っている「ダメな自分」を責めては、
醜い自分を受け入れられないでいました。

まるで、アンデルセン童話の「醜いアヒルの子」のように・・

「弱いいちはしさんはダメなんですかね?」
「えっ・・・・」
「弱いいちはしさんもいたから、今のいちはしさんの魅力もあるのでは?」

カウンセラーのひとこと
そのまんまの僕を受け入れてくれた瞬間
何かが僕の中に解き放たれた感覚がありました。

それまでの僕は、一言で言うなら
「いい子」になりすまし、
両親 先生 組織の期待や評価を支えに生きて、

自分がいないまま、

評価が下がり、拒否されることに極度の恐れや不安を感じ、囚われ、もがいていました。

「弱い自分は見せられない」と
理想的な自分を取り繕い、
等身大の自分との落差に心が落ち込み、
どこか満たされず、自信が持てないまま
20代、30代、40代を生きながら、悩みの
暗いトンネルからの出口をずっと探していたのです。

「弱い僕がいてもいい・・・」

個性と認めてくれた
素のままの自分の心地良さ

カウンセラーの方とのセッションで
自分の中にあるさまざまな可能性を信じられ、生きるのが楽になってきました。

人は人と出会い傷つきもします。
けれど、
人によってその傷も癒されていく。

そして、悩み苦しみの奥には成長したい、
より良い人生を歩みたいという根源の想い(宝)が眠っている。

「宝」に気づくとき、豊かな人生が歩き出すと信じています。

醜いアヒルの子が、自分を白鳥と気づき青い空を飛ぶように・・・

不安に苛まれている方
劣等感に苦しんでおられる方
生きづらさを感じておられる方

一緒に考え、
そっと横に寄り添うように、
共に歩んでいきたいと思っています。

[3名様限定でクライアントさん募集中]
しっかりと向き合っていきたいと思います

[無料オリエンテーション]

現在、電話による無料オリエンテーション(20~30分)をお受けしております。
なお、オリエンテーションでは、お問い合わせくださった方に電話をかけていただき、ご相談内容を伺った上でカウンセリングの進め方やルールについてご説明させていただきます。(お問い合わせの際には1~3日以内に返信いたします。返信のメールが届いていない可能性もございますので、お問い合わせの時、お名前、ご連絡の電話番号も併せてご記入くださいますようお願い申し上げます。)
オリエンテーションの後、気が進まない場合は、有料セッションの申し込みをキャンセルしていただくことも可能です。(3日以内にお返事を頂けますと有り難いです。)

[有料セッション]
有料セッションを希望される方には
1回のセッション時間 50分
1回のセッション料金 8000円(税別)
電話によるセッションのみとさせて頂きます
また、現在のところ有料セッションをお受けできるのは、土曜、日曜、祝日のみのセッションになります。予めご了承ください。
お問い合わせだけでもOK
ご関心お持ちになられた方がいらしたら、以下のお問い合わせボタンにクリックをお願いします。