堀川 純子
セッション形態:オンライン(電話等)
居住地:兵庫県

そのままの自分を見せられず、心ひそかに孤独を抱えるあなたへ

はじめまして。堀川 純子です。

さまざまな気持ちや迷いを抱えながらも、
興味をもってこのページへ訪れて下さり
ありがとうございます。

あなたには、こんな悩みはありませんか?

●理想の自分・価値ある自分を追い求め、
がんばり続けてキリがない

●自信がなくて本当の自分を隠すから、
人付き合いで疲れる

●傷つくのが怖いから人に心を開けず、
じつは孤独でさびしい

●つい『いい人』を演じたり、
しんどくても明るく振る舞ったりする

==================

そして僕は自分の存在理由を見失い、
ひとりぼっちになった。

(『風の歌を聴け』村上春樹・講談社)

==================

「まるで、私のことを言ってるみたい」

当時17歳の私の心に、
その言葉は深く深く刺さりました。

私は、何のために生きてるんだろう?
友達といても寂しいのは、なぜだろう?

“僕”と同じように
私もずっと悩んできたからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
幼い頃をふり返ると、
私には褒められた記憶がなく、
足りないところばかりを叱られて
自信をもてませんでした。

 
テストは100点で当たり前。
95点でも小言を言われるので
点数に一喜一憂し、
親の顔色をうかがう毎日。

 
みじめな気持ちを隠すように、
『明るい純ちゃん』のふりをしてたけれど、
心の中は孤独感でいっぱいだった10代。

 
とくに高校時代は
女子グループ特有の雰囲気になじめず、
それでも周りに合わせて一緒に笑う自分を
「まるでピエロやわ」と思っていました。

 
20代は、人生を変えたくて
心理学や自己啓発の本を読みあさります。
しかし、どれだけ学んでも
生きづらさは消えません。

 
仕事で認められても、
人に好意をもたれても、

「本当の私を知ったら、きっとがっかりされる」

そんな不安や怖れがあって、
足りない自分を隠そう
もっと必要とされる自分になろう
と必死でした。

 
仕事もプライベートも充実した
キャリアウーマンと思われていたけれど、
夜一人になると、不安と孤独で
眠れないこともありました。

 
ところが、
ひとりで生きる覚悟を決めた30代に
まさかの結婚。そして出産。

 
「人生大逆転して、幸せになった!」
と思いましたが、そう簡単に
ハッピーエンドにならなかったのです。

 
きっかけは、
小学生になった息子に小言を言う私が、
まるで母そっくりなのに気づいたこと。

「母のようにならないと誓ったはずなのに、どうして?」

 
ふたたび心理学を学ぶうちに、
私は息子に必要とされることで
自分の無価値感や心の虚しさを
埋めようとしていたんだと気づきました。

 
その後、
コーチングやカウンセリングを受けるなかで
これまで抑え込んでいた感情や本音に
少しずつ向き合えるようになります。

 
しだいに、「人の役に立たなければ」と
追い立てられていた気持ちもゆるみ、
そのままの自分と調和しながら楽にいられるようになりました。

当初の悩みだった息子への執着も
ほぼ手放すことができました。
今も心配はつきませんが、自ら進路を選び、
決められる子に育っています。

 
本当に聴いてほしいことは、
身近な人には話しにくいもの。

 
自分ひとりで学びを深めるだけでなく
信頼できる人に話を聴いてもらうことで、
悩みの本質が明らかになり、
今が変わるのだなぁと。

 
この仕事を通して実現したいのは、

「私はそのままで尊く、
かけがえのない存在だ」

そう思えて、与えられた命を
のびやかに生きる人が増えること。

 
セッションでは、
あなたの心の流れに寄り添いながら、
あなたの見た風景、感じた気持ちを大切に
お話を聴かせていただきます。

 
あなたの叶えたい未来に向けて、
一緒に考えていきましょう。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
【プロフィール】
 
CTIジャパンでコーチングを学び、
2017年よりコーチとして活動を始めました。

クライアントさまをサポートする中で、
心の悩みを聴くカウンセリングの必要性を
感じていた頃、当協会で学ぶ機会をえて
2019年認定プロフェッショナル・コーチに。

2020年からNPOカタリバで、
おもに中高生の保護者のお話を聴く
ペアレントメンターとしても活動中。

また、10代の頃に私が欲しかった
まじめな問いを率直に語り合える場として、
中高生向け哲学対話のプログラムを企画。
カタリバオンラインfor TEENSにて
そのファシリテーターを務めています。

兵庫県在住。
家族は、夫と高校生の息子。
アゲハ蝶の羽化観察と
飼育歴9年のアマガエルが大好きな
アラフィフ母です。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
【クライアントさまからのご感想】

●堀川さん
私が私を生きるためのプロセスを
伴走してくださってありがとうございました。

自分の内側にあるものを話すのは
なかなか大変な時もありました。
気付いているけど認めたくない。
気付かない振りをしていた。
そんな心境だったこともあったかもしれません。

そのたびに、
無理に扉を開こうとするわけでもなく
じっと耳を傾け続けてくださったことで
私も少しずつ、奥底にある願いに気付くことが出来ました。

私が無意識に気持ちをそらそうとすると
さりげなくグリップを握り
軌道修正してくださったお陰です。

ただ、自分のことを話す。
それをしっかりと聴いてもらう。
これだけのことと言えばことなのに
こんなにも内側からパワーが湧いてくるものなのか。

カウンセリングの力を体感できたことが
大きな大きな収穫で
それを体験させてくれた堀川さんに
感謝でいっぱいです。

これからも、何かあったら
堀川さんに助けを求められる、と思うと
精神的な大きなお守りをいただいたようです。

これからも、私自身の幸せを第一に
やりたいことにチャレンジしていきたいと思います。

本当にお世話になりました。
そしてありがとうございました。
これからもまたよろしくお願いいたします。

(C.Yさま・40代女性)

 
●堀川さんのセッションを受けよう
と思ったのは、第3子妊娠をきっかけに、
いつも子どもに怒りすぎてしまう自分を
変えて、子育てがしたかったからです。

子どもにイライラしてしまうのは、
私の親との関係や、幼い頃の心の傷つきに
原因があるのかも?と感じて、
そのことを話してみようと思いました。

私はこれまでずっと、自分を責めて
苦しくなることに悩んでいました。

対人関係がうまくいかないと、
「私のせいかも?」と感じて、
相手に言いたいことが言えないのです。

子どもの幼稚園での人間関係が苦しかった
のですが、堀川さんに話すうちに、
「私が悪いわけじゃない」と気づきました。

保護者に「こうあるべき」と押しつける園を
やめる決心がついて、ほっとしました。

さらに、セッションを受けて良かったのは、
母親への恨みが薄らいで
実家へ行く苦痛がやわらいだことです。

これまで母に言いたいことが言えなかった
けれど、私の思いを母にぶつけてみました。

いつもは母の反論にひるんでしまうのですが
その日は、母に言われて嫌だったこと・
悲しかったことなど、心にたまっていた
思いを伝えることができました。

それ以来、母の言葉にイラッとすることが
少なくなり、自分の気持ちを抑えずに
言うことができています。

これからは、もっと自分に優しくしたい。
子育てで怒ってしまう私がいてもいい。
完璧にできなくてもいい。

怒ったあとで「私が悪かったな」と思ったら
子どもに謝れるようにもなりました。

堀川さんは優しい雰囲気で、
信頼して安心して話せる方なので、
ガンガン聞いてこられるのが苦手な方におすすめします。

(匿名ご希望・30代女性)
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
【私のセッションは、
 こんな方におすすめします】

○「理想の自分」を演じようとせず、
自然体で楽に生きたい方
 
○ありのままの自分で人と接しながら、
心の通う温かな人間関係を築きたい方
 
○自分の本音や欲求に気づき、
それを大切にして生きたい方
 
○人の言葉や態度にふり回されず、
自分で選び、決める人生にしたい方
 
○自己肯定感を高めて、
自分を好きになりたい方
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
【初回お試しセッションのご案内】
 
カウンセリングを受けるにあたって、
良いカウンセラーに出会いたい、
失敗したくない、という思いが
あるのではないでしょうか?

そのため、初回は特別料金
50分3,900円(税込)でご提供します。
ZOOMか電話のいずれか
話しやすい方をお選びください。
 
【通常セッションのご案内】
 
●時間:1回50分
 
●料金:11,000円(税込)

★10回セットでお申し込みの場合、
1回10,000円×10回=10万円(税込)
でご提供します。

★中学生~大学生の方には
割引価格を設けています。詳しくは、
下の《お問い合わせ》ボタンより
お尋ねください。

★MFコーチ養成講座受講生の方には
オリエンテーションをご用意しています。
お気軽にお問い合わせください。
 
その他のご質問は、下の《お問い合わせ》
ボタンからお願いします。 

2日経っても返信メールが届かない場合、
システムエラーの可能性があります。
 
その際は、
『holy17happymom@gmail.com』
を受信できる設定にしていただいて、
再度ご連絡をいただくか、

下記の《WEB》ボタンより
Facebookのメッセンジャーにて
ご連絡ください。